コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

2021-06-25
読了まで 2

日本のコンサルファームの社員数をまとめてみた(Big4+α) [2019年度版]

2019年も拡大を続けるコンサル業界とコンサルファーム

数多くのコンサルファームが世の中にはありますが、総合系コンサルファームの中でもBig4+αの大手で比較してみました。Big 4のデロイト・PwC・KPMG・EYはグローバルで巨大ファームとも呼べる規模を誇っております。2018年度版はこちらとなります。

日本における主要総合系コンサルファーム社員数2019

各ファームの公開情報を元に、最新の社員数を確認すると以下の様な結果となります。
(“約××名”として公開しているファームについては、そのまま掲載しております)
(社員数の後に、いつ時点の社員数であるか、ソースを記載しております)

デロイト トーマツ コンサルティング 2,675人
(2018年11月末時点 / コーポレートサイトより)
・PwCコンサルティング 約2,400名
(不明 / リクナビNEXTより)
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 約1,300人
(2018年7月末時点 / コーポレートサイトより)
・KPMGコンサルティング 928人
(不明 / コーポレートサイトより)
アクセンチュア 約11,000人
(2018年12月時点 / コーポレートサイトより)
アビーム・コンサルティング 4,961人
(2018年4月時点 / コーポレートサイトより)
ベイカレント・コンサルティング 1,528人
(2018年4月時点 / コーポレートサイトより)
クニエ 600人
(不明 / コーポレートサイトより)
日立コンサルティング 413人
(2018年11月時点 / リクナビ2020より)
シグマクシス 482人
(2019年2月末時点 / 決算補足資料より)
ビジネスブレイン太田昭和  526人<単体> / 1,248人<連結>
(2018年3月時点 / コーポレートサイトより)
・(おまけ)コダワリ・ビジネス・コンサルティング 16名
*順不同

戦略系コンサルファームの社員数が数十名程度であるのと比較すると、総合系ファームの社員数は圧倒的に多いものとなっております。

特に目立つのは、1万人を超えるアクセンチュアの社員数ではないでしょうか。コンサルファームとしては国内でトップの社員数ですが、国内の外資系企業社員数でもトップ10に入る多さとなっており、ブランド力含め規模の原理が働いているのも納得いきます。

業界の成長と人材確保

総合系はIT、戦略、人事、法務、財務など幅広い領域をカバーすることから、社員数は多くなりますが、昨今はシステム開発も自前で行う様になったため規模(社員数)の拡大が顕著な状況です。
さらにデジタル関連領域でのコンサルティング需要も増加し、総合系コンサルファームのさらなる拡大が見込まれている状況です。

この様な状況ですから、できるコンサル人材の確保が各社の共通課題となっています。コンサル人材だけでなく、開発に明るいエンジニアやデジタル関連に経歴を持つ人材の確保にも注力をしている状況です。
以前は狭き門と言われた大手総合系コンサルファームですが、昨今はその限りではない状態になってきているのかもしれません。(コンサルファームに昔から居る方々は口をそろえてこれを言いますね。)

[v064]

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

その他のおすすめサービス

コンサル案件をお探しのフリーランス向け
Consul Partners
コンサルパートナーズ
・13年以上にわたるコンサルティング実績で案件をご紹介
・プライム・サブコン、多数の案件を保持
・単発のお付き合いではなく、中期的な繋がりを重視
転職をお考えのコンサル経験者・未経験者向け
Consul Partners
コンサルキャリア
・コンサルからのハイクラス転職支援
・コンサル未経験から、コンサル業界への最善の転職を支援
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

  • その他おすすめサービス

BACK TO TOP

BACK TO TOP