コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

2020.09.08

PwC 2020年度グローバル決算、営業総収益は3%増加の430億米ドル

PwC(Pricewaterhouse Coopers)は2020年度の決算情報を発表した。

■決算発表数値とコロナ概況
総収益としては、430億米ドル(現地通貨建て前年比+3%、米ドル建て前年比+1.4%)と発表された。2020年3月末までの9カ月間の収益は前年同期比で7%近い伸びを見せ、全主要市場の全事業分野で拡大したが、4~6月期はCOVID-19によるロックダウン(都市封鎖)とそれに続く景気低迷の影響を大きく受け、前年同期比で6%の減益となっている。

■コンサル領域及びアジア地域の業績について
PwCの事業は、「アシュアランス」「アドバイザリー」「税務」の3領域にわけられるが、全体の収益増減率(現地通貨建て)が+3%であるのに対して、アドバイザリーの対前年度比+3.8%と全体の好調を支えている。(+3%を上回る業績成長維持ができているのはアドバイザリー事業のみ。)また、地域別ではアジアが対前年度比+5.0%増となっている。

今後の見通しとして、世界経済が2021年末には5.5%のマイナス成長になるとしており、それに伴いPwCとして優先すべき課題と、積極的に課題解決に取り組むことを明示している。

https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/pwc-fy2020-global-revenues200901.html
(PwC Japanグループ プレスリリース/2020年9月1日)

https://www.pwc.com/gx/en/news-room/press-releases/2020/global-annual-revenues.html
(PwC Globalプレスリリース /2020年8月25日)

■執筆者コメント
複数の優先課題をあげていますが、その中でも雇用について一番に取り上げられており、最も重要度が高いものと捉えることができます。 また、品質やスキルの向上、そしてイノベーティブな支援についても言及されており、これまで大幅な拡大による成長をしてきたコンサルティングファームは質への転換を求められてくることになるでしょう。

執筆:コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
武石
https://www.codawari.co.jp/

  • RSS
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

その他のおすすめサービス

コンサル案件をお探しのフリーランス向け
Consul Partners
コンサルパートナーズ
・13年以上にわたるコンサルティング実績で案件をご紹介
・プライム・サブコン、多数の案件を保持
・単発のお付き合いではなく、中期的な繋がりを重視
転職をお考えのコンサル経験者・未経験者向け
Consul Partners
コンサルキャリア
・コンサルからのハイクラス転職支援
・コンサル未経験から、コンサル業界への最善の転職を支援
  • 送る
  • RSS
  • URLコピー
  • MAIL
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

  • その他おすすめサービス

BACK TO TOP

BACK TO TOP