コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

2018.08.08

【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表、中央値1位はGo言語、2位はScala、3位はPython

ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」は、「プログラミング言語別年収ランキング2018」(提示年収の中央値ベスト10)を、8月7日に発表した。
「プログラミング言語別年収ランキング2018」は、「スタンバイ」に掲載されている正社員の求人情報約324万件を対象に、各プログラミング言語名が含まれる求人情報の提示年収の中央値を集計している。

位  言語 年収中央値(万円) 最大提示年収(万円) 求人数(件)
1 Go 600 1,600 2,202
2 Scala 600 1,300 1,489
3 Python 575.1 1,499 9,344
4 Kotlin 575 1,200 961
5 TypeScript 575 1,200 667
6 R 574.8 1,000 220
7 Ruby 550 1,200 11,676
8 Swift 550 1,200 3,353
9 Perl 525 1,200 4,509
10 C 525 1,000 9,347

 

1位はGo言語

米Googleが開発したコンパイル言語で、C言語の置き換えとして、コンテナ型仮想化環境の「Docker」の開発などに採用されている。求人数は昨年比で1.9倍に増加しており、今後もさらに注目されることが予想されている。

2位はScala

17年の平均年収ランキングで1位だったが、最大年収が1300万円のため2位となった。米Twitterや米LinkedInが利用していることで知られ、国内でもインターネット企業における採用が増えているが、高い需要に対し扱える人材が少なく、年収が高い傾向にあるという。

3位はPython

求人数は昨年比で1.7倍と、機械学習や統計分析の活用が進む中で、さらに需要が高まると予想される。

https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html
(株式会社ビズリーチ プレスリリース)

  • RSS
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

その他のおすすめサービス

コンサル案件をお探しのフリーランス向け
Consul Partners
コンサルパートナーズ
・13年以上にわたるコンサルティング実績で案件をご紹介
・プライム・サブコン、多数の案件を保持
・単発のお付き合いではなく、中期的な繋がりを重視
転職をお考えのコンサル経験者・未経験者向け
Consul Partners
コンサルキャリア
・コンサルからのハイクラス転職支援
・コンサル未経験から、コンサル業界への最善の転職を支援
  • 送る
  • RSS
  • URLコピー
  • MAIL
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

  • その他おすすめサービス

BACK TO TOP

BACK TO TOP