コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

  • MAIL
  • RSS
2018.08.29

コンサル案件(プロジェクト)を途切れさせない術 上級編|フリーコンサル向け

ハイスペックなフリーランスのコンサルが常に意識していることは?

前回、初級・中級編をお伝えしましたが、今回は上級編をお伝えいたします。上級編は抽象度も高く書かせていただきます。フリーコンサルとしてのキャリアを検討中の方にも是非読んでいただきたい内容となります。

フリーランスのコンサルの大敵

フリーランスのコンサルタントにとって怖いのは不景気です。
コンサル案件のクライアントは大手・上場企業を主とする以上、将来への投資が停滞する不況には弱く、影響を受けやすいと言えます。 特に非システム系のコンサル案件は、法的な事由や死活問題等の拘束力でもない限り、バタバタとプロジェクトが中断していきます。
(ここらへんのコンサル不況話は別の回でお届けします)

不況になってからでは手遅れ

フリーコンサルタントにとって、不景気になって案件が途絶えてからどうにかしようと対処を考えても手遅れです。短期間で習得できない、知識とスキルと人脈(信頼関係)を景気の良いうちに磨くというのが、必要になってきます。

フリーコンサルタントとして磨くべき3つのポイント

1、知識・スキル
2つをセットにしておりますが、ニーズの高い知見やスキル(技術)を持ち合わせておきましょう。これは常に時代との追い掛けっこです。ファームからのサブコン案件の場合、特にそのファーム及び社員が持ち合わせていない差別化ポイントが必要で、社内の人間がアベイラブルである(そのため外注禁止令が出ることも)にも関わらず、外部のフリーコンサルを起用する根拠となる知識とスキルを身に付けておくべきです。

2、人脈
不景気を考えると、クライアントが一本化していると危険です。その企業に案件があるうちは良いが・・・という状況に陥ります。コンサルファームのサブコン案件に従事し、そのコンサルファームから常時案件が来る状況でも気を抜いてはいけません。

そのため、ポートフォリオを組むことが重要となります。さらに、ユーザー企業やコンサルファーム及びコンサル案件紹介会社と幅広に、かつ相互に信頼関係も確実に構築した上でポートフォリオを組む方が安全です。

また、コンサルファームでパートナーやディレクターレベルからフリーになった場合は、営業先人脈や業界内で名を馳せているという強い武器があります。これをフリーランスになってから得ることは難しいですが、こういう上級フリーコンサルの形もありますね。

まとめると

今現在は景気もよく投資も活発ですので、案件は多いですが、現状に甘んじてはいけません。常にリスクに気をくばり、長い先もフリーコンサルタントとしてやっていけるような実力をつけることを上級フリーコンサルは意識しております。このことにより、案件の単価は上がっていきますし、有事の際の企業への再就職も条件良くいくと思います。安易にフリーランスの道を歩む人もいますが、自己の人生設計の中で最適な選択かというのは考え抜いたうえで選択してほしいですね。

宣伝

初級・中級・上級とお伝えしましたが、当サイト運営会社では、案件紹介事業も展開しております。
フリーコンサルの皆様、ご登録ご検討下さい。

[v040]

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

  • コンサル特化の転職支援
    サービス

  • フリーコンサル向け案件紹介
    サービス

NEWS新着ニュース

MORE

RANKING人気記事ランキング

一覧

  1. 「コンサルファーム 業界地図・カオスマップ2019」を公開...

  2. Big 4 + α コンサルファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018年...

  3. コンサルならよく聞く、コンサル用語あれこれ...

  4. コンサル人材あるある。よく持っているグッズ等々...

MORE

NEWS新着ニュース

一覧

ABOUTサイト概要

「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。
ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。

BACK TO TOP

BACK TO TOP