コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

view 592

読了まで 5

コンサルファームの英語要件とは?求められる英語力を解説

コンサルファームの英語要件とは?求められる英語力を解説

コンサルなら英語ができて当然?TOEICは何点くらい?コンサルタントの英語力を解説します

これからコンサルとしてキャリアを築いていきたいと考えている方で、英語力はあった方がいいのか、どれくらい必要なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。コンサルにはさまざまなスキルが求められますが、英語力もそのうちの一つです。英語力必須の職業ではありませんが、ファームの種類や案件によっては英語力が欠かせない場合もあります。この記事では、コンサルタントに求められる英語力について解説します。

  • コンサルに英語が必要な理由
  • コンサルファーム別の英語力の要件
  • 選考で英語力が問われる場面

これらについて解説しているので、コンサルとして具体的にどれくらい英語力が求められるのか知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

コンサルに英語力が必要な理由とは?

コンサルタントは、以下の理由で英語力が必要になります。

  • グローバル案件に参画するため
  • 海外拠点へのレポート、プレゼンテーション業務のため

コンサルタントに英語力が必要とされる場面と、その理由について解説します。

グローバル案件に参画するため
コンサルに英語力が必要になる理由の一つ目は、グローバル案件に参画するためです。

グローバル案件やクロスボーダー案件(海外企業とのM&A案件)では、海外のクライアントと英語でのやりとりが必要です。英語力があればそういった案件に参画でき、経験や知識を広げられます。

グローバル案件でなくても、情報収集の際に英語の資料を読む場面もあるので、英語力がなければ情報収集力に弱みを抱えてしまうこともあるでしょう。

海外拠点へのレポート、プレゼンテーション業務のため
二つ目の理由は、海外拠点へのレポートやプレゼンテーション業務を英語で行う必要があるという点です。

外資系やグローバル展開しているコンサルファームの場合、社内業務で英語を使うことがあります。メールやチャットを使った日々のやりとりのほか、海外の本社・支社にレポートやプレゼンを行う際に英語力が求められます。

コンサルに求められる英語力は?TOEIC700点以上が目安

コンサルファームで求められる英語力は、TOEIC700点以上が目安です。

英語力の必要性は、コンサルファームの種類や取り扱い案件によります。以下のファームで求められる英語力の目安を解説します。

  • 外資系コンサルファーム
  • 戦略コンサルファーム
  • 総合コンサルファーム
  • 日系コンサルファーム
  • ITコンサルファーム
  • 人事コンサルファーム
  • 財務コンサルファーム

外資系コンサルファームの場合

外資系コンサルファームで求められる英語力は、TOEIC700〜750点が目安です。

クライアントが外資系だったり、海外案件を多く取り扱っていたりする場合は特に英語力が必要です。ただし、日本国内のローカライズが進んでいたり国内案件が大半だったりする場合は、英語力はそこまで必要とされない場合もあります。

プロモーション(昇進)の条件として、TOEICのスコアを定めているファームもあります。マネージャーの場合は、TOEIC700点が目安です。新卒の場合は入社後にTOEIC900点以上の取得を条件としているケースもあります。

戦略コンサルファームの場合

戦略コンサルファームの場合は、外資系の総合ファームよりも圧倒的に英語力が求められます。さらに新卒文化が強いことに加え、英語ネイティブレベルの若手メンバーが大半なこともあり、中途入社する際には英語力が必須となります。

外資系の大手戦略ファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニーでは、TOEICスコア780点以上を採用の要件に定めています。(参照:McKinsey & Company

総合コンサルファームの場合

総合コンサルファームの場合は、所属しているチームやクライアントの業界によって英語力が必要となる度合いが異なります。

世界的な会計事務所系のファームは海外出身のコンサルも多く、グローバルなネットワークを駆使するため英語力を求められる場合があります。

日系コンサルファームの場合

日系コンサルファームの場合は、外資系や戦略系ほど英語力を求められない傾向にあります。ただし英語力が必要なグローバル案件を取り扱うこともあるので、一概には言えません。

外資系ファームの方が、海外出張が多いというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、海外拠点と連携してプロジェクトを遂行するので、海外出張があまり発生しないこともあります。一方、日系ファームでも、場合によっては海外出張が多くなることがあります。あくまでベースが日本なので、海外に出向く必要が生じることがあるからです。

ITコンサルファームの場合

ITコンサルファームの場合、外資系では英語力が必要ですが、日系だとあまり求められない傾向にあります。ただし海外出身の社員が多い場合は、英語でのコミュニケーションが必要です。

また、オフショア開発の案件に携わるなどのケースで英語力が必要となることもあります。海外技術の国内展開(クラウドやスマートグリッドなど)の場合は、英語力が求められることがあります。

人事コンサルファームの場合

人事コンサルファームの場合は外国籍社員の比率が高かったり、社内で英語が公用語になっていたりするファームでは英語力が求められます。

社員に日本人の割合が高く社内公用語が日本語だったり、国内案件を多く取り扱っていたりする場合は英語力はあまり必要とされません。

財務コンサルファームの場合

財務コンサルファームでは、クロスボーダー案件を多く取り扱っている場合は海外のクライアントやファンドとのやりとりが発生するので、英語力が必要になることが多いです。外資系財務コンサルファームでも、海外オフィスや外国籍社員とのコミュニケーションが必要になるので、英語力が求められます。

大手財務コンサルファームであるPwCアドバイザリー合同会社では、TOEIC850点程度の英語力を採用の要件として定めています。(参照:募集要項 Job Description

コンサルの選考で英語力が問われる場面

コンサルタントは選考の時点で英語力が問われることもあります。コンサルの選考で、英語が必要になる場面について解説します。

書類選考

選考では、まず書類で英語力を見られます。TOEICの点数や、英語を使った実務経験があれば記入しておきましょう。なお、TOEICの点数だけで不合格となることはあまりありません。ただし入社後にTOEICスコアの提出を求められたり、期間内に一定以上のスコア獲得を求められたりすることがあります。

面接や筆記試験

面接官が外国籍の場合や、ケース面接を英語で行う場合もあります。また、英語の筆記試験が課されることもありますので、選考過程で英語力が求められる場合に備えて、対策をしておくことをおすすめします。

コンサルは英語ができなくてもOK?

「コンサルは英語ができなくても大丈夫か」という声をよく聞きます。英語ができなくても大丈夫かどうかは、ファームの種類や案件、クライアントによって異なります。

日系のコンサルティングファームや、国内案件の取り扱いが多いファームだと、英語力はあまり問われない場合が多いです。ただし海外案件への参画や戦略・外資系ファームへの転職など、今後のキャリアアップのためにも英語力を身につけておいて損はありません。

長年コンサルをしている人の中には、あまり英語ができない人もいます。ですが、これからコンサルになる人やコンサルになったばかりの人には、グローバル人材育成を視野に入れ、英語力が求められることも増えています。英語を必要としないファームであっても、英語力を身につけておくことをおすすめします。

まとめ

コンサルに求められる英語力のレベルは、コンサルファームの種類や取り扱い案件、ファーム内での外国籍社員の割合によって異なります。英語力が必須ではない場合でも、情報収集や今後のキャリアに役立てるため、英語力を身につけておいて損はありません。

コンサルとして他のファームに転職する場合、英語力をはじめどのようなスキルが必要とされるのか、自分のスキルで通用するのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。

当社では、コンサルタントとして転職する方のサポートを行っています。経歴やスキルについてヒアリングし、最適な企業とマッチングできるよう支援します。コンサルとして転職を考えている方や、今後のキャリアについて相談したい方はぜひお気軽にお問合せください。

▶▶現役コンサルからフリーのコンサルまで、あなたのステージに合った働き方をご支援します。お問い合わせはこちらから

[v200]

執筆者

山中 悠太郎
山中 悠太郎コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 コンサルキャリアカンパニー
外資自動車メーカー2社を経験した後、コダワリにジョイン。
コンサルティングワークもこなす傍ら、人材紹介事業の事業責任者やコダワリの人材開発業務や採用統括業務など含めて幅広に従事。
  • RSS
  • 著書紹介

  • 図解即戦力 コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書
  • Twitterはじめました
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

著書紹介

図解即戦力 コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書
Twitterはじめました

おすすめサービス

あなたはどっち派?自分に合う働き方を相談したい

執筆者

山中 悠太郎
山中 悠太郎コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 コンサルキャリアカンパニー
外資自動車メーカー2社を経験した後、コダワリにジョイン。
コンサルティングワークもこなす傍ら、人材紹介事業の事業責任者やコダワリの人材開発業務や採用統括業務など含めて幅広に従事。

PICKUP注目記事

  • 送る
  • URLコピー
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

PICKUP注目記事

  • おすすめサービス

  • あなたはどっち派?自分に合う働き方を相談したい

BACK TO TOP

BACK TO TOP