コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

  • MAIL
  • RSS
2018.12.14

【書籍紹介】若手コンサル(1~3年目)に「今」読んで欲しい本/推薦図書

今回、若手コンサルに「今」読んでいただきたい書籍を紹介いたします。
若手コンサルの一般的な業務内容として挙げられるのが、リサーチ・分析業務や資料作成ですが、クライアントが求める品質のアウトプットを初めから出せるかというと、そうはいかないものです。
そんな時に、必要な情報をあらかじめ押さえておくことや、調べた情報を適切に分析・整理し説得力のある資料にする方法を知っておくことが重要となります。
今回は、トレンド軸・知識軸に分け、若手が今知っておきたい(知っておいてほしい)情報が詰まった書籍を紹介していきたいと思います。

トレンド軸

RPAの解説から始まり、導入時に考慮すべき観点や事例などの内容を、専門的な知識がなくても読みやすいようまとめられております。RPAについてまだ何も知らないという方への入門書としては最適な書籍です。

昨今、頻繁に耳にする「働き方改革」が追い風となり、RPAの導入を検討する企業が増えており、今後さらにRPA案件や相談は増えていくことは間違いありません。
先行してRPAについて情報を押さえておくとよいでしょう。

(予約特典付き)いちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
著:進藤圭
出版社:株式会社インプレス

 


「セクハラ」「パワハラ」「アルハラ」といった様々なハラスメントを耳にします。
この本ではそのハラスメントの本質・定義から解説されております。そしてハラスメントを傾向ごとに複数のカテゴリに分解し、それぞれに適切な対処法が記載されています。
また、ハラスメントの当事者目線ではなく、指導者としてどう対応するかという目線の内容となっております。

プロジェクト内でのハラスメントは非常に大きなリスクとなります。若手であってもプロジェクトを管理・推進していく立場のコンサルタントにとって、指導者目線で書かれている、この書籍は、今すぐ使えるハラスメント対応・対策の書籍として非常にお勧めの一冊です。

現場で役立つ! セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方著:鈴木瑞穂
出版社:日本経済新聞出版社

知識軸


全70種類ものフレームワークを掲載しており、そのそれぞれに使用例があるため理解が深めやすい内容となっております。
また、分析対象に合わせて適切な分析手法・整理の切り口などを探すことができるフレームワークの「辞書」としても役に立ちます。

「情報がまとまらない」「アウトプットに説得力がない」のような課題を抱いた際、フレームワークを活用することで、情報に対し適切なアプローチをできるようになります。フレームワークの引き出しを増やすことができるため、持っていて損はない一冊と言えるでしょう。

ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70
著:株式会社アンド
出版社:翔泳社

[v053]

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

  • コンサル特化の転職支援
    サービス

  • フリーコンサル向け案件紹介
    サービス

NEWS新着ニュース

MORE

RANKING人気記事ランキング

一覧

  1. 「コンサルファーム 業界地図・カオスマップ2019」を公開...

  2. よく聞くコンサル用語あれこれ|「アベる」「KT」の意味とは?...

  3. Big4+α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018...

  4. コンサルグッズあれこれ|コンサル人材あるある...

MORE

NEWS新着ニュース

一覧

ABOUTサイト概要

「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。
ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。

BACK TO TOP

BACK TO TOP