コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

2021-09-02
読了まで 2

「新規事業の立ち上げ方」4つのポイントを抜粋してご紹介|セミナーレポート

新規事業の立ち上げ方に関するセミナーに行ってみて

先日、日経BP社が主催する「新規事業の立ち上げ方」セミナーに参加をしてまいりました。当サイト運営会社にて新規に人材紹介事業を立ち上げするタイミングでしたので、参加してきましたが、その中で言及したい4つのポイントに絞ってご紹介いたします。(本レポートは概要のみですので、詳細を知りたい方はセミナーに参加ください。)

なお、セミナー全体として、大企業での新規事業立上げではなく、ベンチャーでの新規事業立上げに軸が置かれております。

1、(当たり前ですが、)差別化をどう作り出すか

新規事業というと全くもって新しいサービスや商品を生み出し、事業化することを考えてしまいそうになりますが、そんな未開拓のビジネスは滅多にあるものではありません。自分たちのシーズと顧客のニーズを分析し、競合と差別化できる強みを作ることの重要性を説いていました。新しい市場を探しにいくのではなく、市場のあるところでライバルよりも上手くやるべしという言葉は印象的でした。

2、リーン・スタートアップ

新しく事業をスタートするのであれば、満を期して始めたいと考えるのもわかりますが、無駄なく実用最小限でスタートし、実情に合わせて開発・改善していくリーン・スタートアップの考え方を説いておられました。つまり、新規事業で重視することは“売る”ことであり、それには当然強い営業力が必要ということになるわけです。結局、差別化要素を明確化し事業計画を策定しても、新規開拓営業をして売上を立てねばお財布は空のままです(むしろコストは一定かかりますので、当然マイナス)。正直私自身、立ち上げ時はあまり意識しておりませんでしたが、スタート後になって営業力を付ける必要性について痛感をしておる次第です。

また、やってみることで、計画策定時には見えなかったことが見え、得られる情報量が圧倒的に増える様になります。想定していなかった課題も出てきます。事業計画や収支計画の策定も重要ではありますが、どこまで煮詰めてからスタートすべきかは基準があるわけではないので、ある程度まで煮詰めたらスタートする判断も必要です。

3、アライアンス戦略

「差別化」と表現すると競争観点が強いですが、他社を”競合”と捉えるのではなく、”協合”と捉えることで、補完関係が出来たりするものです。これは、WIN-WINの精神を持つことが大事だとも思いますが、成長している企業はやはりこういった”協合”アライアンスを上手く使っているとの事です。日本人は何でも自分たちでやりたがりですが、私自身、他社も活用したうまい運営形態にもうちょっと目を向けるべきなのではと思います。

4、撤退条件

事業の撤退をスタート前に考えることはネガティブと捉えられるかもしれませんが、失敗しないという保証があるわけではありませんので、撤退条件を事前に決めておくことの重要性についても触れておられました。一度始めたものを止めることはなかなかしづらいものですが、止めづらくて赤字が続き、他の事業に影響を与える様では新規事業の本来の目的を見失っていることになります。条件が決まっていれば止めやすく、かつ始めやすくもあるというわけです。

意外と自身が新規事業立上げに携わるとなると見えなくなるようなポイントばかりであり、大変気付かされることの多かったセミナーでした。

おまけ:経営理念や事業ポートフォリオを考慮し、新規事業に取り組む場合、継続した新規事業の立上げが必要

新規事業を立ち上げることは、新しいお財布(売上)を得ることや、事業のポートフォリオを組むことで経営基盤を安定化させることなどがメリットとして挙げられます。しかし、複数の事業を持つようになってからも、継続的に新規事業を立ち上げる必要性が説かれていました。外部環境変化が早いため既存事業のライフサイクルが短くなっているが故であり、3~5年スパンが目安になるようです。
当サイト運営会社でも13年に教育事業、18年に人材紹介事業を立ち上げており、この目安には当てはまっておりました。

リポーター: コダワリ・ビジネス・コンサルティング コンサルキャリアカンパニー カンパニープレジデント 山中悠太郎
[v051]

  • RSS
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

その他のおすすめサービス

コンサル案件をお探しのフリーランス向け
Consul Partners
コンサルパートナーズ
・13年以上にわたるコンサルティング実績で案件をご紹介
・プライム・サブコン、多数の案件を保持
・単発のお付き合いではなく、中期的な繋がりを重視
転職をお考えのコンサル経験者・未経験者向け
Consul Partners
コンサルキャリア
・コンサルからのハイクラス転職支援
・コンサル未経験から、コンサル業界への最善の転職を支援
  • 送る
  • RSS
  • URLコピー
  • MAIL
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

  • その他おすすめサービス

BACK TO TOP

BACK TO TOP