コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

  • MAIL
  • RSS
2021.04.12

新卒コンサルに読んでもらいたい本:論理的思考だけでなくメタ思考も鍛える編|書籍紹介シリーズ

ロジカルシンキングに加え抽象的思考力も高めたい新卒コンサルへのお薦め書籍

新卒コンサルへおすすめの書籍紹介シリーズ第三弾となります。
第一弾第二弾に引き続き、今回もコンサルファームに入社したての新卒コンサルタントの方に是非読んでもらいたい書籍の紹介を致します。

『具体と抽象』:ワンランク上の思考法を獲得する


具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ
著者:細谷 功
出版社:株式会社dZERO

本書では、抽象概念を理解し身につけることで、より高次元の世界まで見えるよう視野を広げる方法について解説しています。

具体と抽象を理解し適所で両者の使い分けができるようになることで、たとえばバックグラウンドが異なるなど暗黙知の共有が難しいような相手であっても、その思考を理解しコミュニケーションを深めることができるようになります。そして、このスキルを磨くことはビジネスパーソンにとって不可欠です。

――― 目次(抜粋版) ―――
序章 抽象化なくして生きられない
第4章 法則とパターン認識
第5章 関係性と構造
第8章 本質
第14章 アナロジー
第16章 バイアス
終章 抽象化だけでは生きにくい
――――――――――――――

 

『メタ思考トレーニング』:発想の幅を広げる


メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問 (PHPビジネス新書)
著者:細谷 功
出版社:株式会社PHP研究所

本書では、メタ思考を身に着け、広い視野で物事を捉えるための方法について解説しています。

ただメタ思考の概念を解説するにとどまらず、演習問題・応用問題を使って実際の思考の過程も体験させてくれるので、メタ思考実践に向けての最初の一歩としてお薦めの一冊です。

――― 目次 ―――
第1章 ウォームアップ編
「自分勝手さ」を思い知ろう/「自己矛盾」を探してみよう/「メタ視点」の応用トレーニング/「無知の知」を実践しよう/メタのレベルで考えるとは?/メタ思考のための二つの方法

第2章 Why型思考のトレーニング
「なぜ?」だけが特別な理由/「上位目的」に上がるとは?/上位目的を考えることの二つの意味/「土俵を変える」とは?/Whyは二つの方向で「時間を超える」/Whyだけが「関係」を表す/Whyだけが「繰り返す」ことができる/両者の長所と短所/そのままやらずに「押し返す」演習/「手段の目的化」の発見トレーニング/「土俵を変える」演習/「競合はどこか?」

第3章 アナロジー思考のトレーニング
アナロジーとは?/アナロジーは「抽象化」+「具体化」/アナロジーの重要性/アナロジーの「弱点」/アナロジーに必要なのは「意訳力」/アナロジーと謎かけ/二通りのプロセス/特徴的な業態からのアナロジー/「関係債の類似」を探そう/「構造的類似」を探そう/身の回りの構造を抽象化するトレーニング①/身の回りの構造を抽象化するトレーニング②/「〇〇化」で借りてくる/さらに「〇〇化」してみる/折り曲げの法則/パッケージツアーと自由旅行の違いからのアナロジー/生物から借りてくる/「順番」や「流れ」を借りてくる/「人は鏡」のアナロジー/「職業なぞかけ」でアナロジー思考を鍛える

第4章 ビジネスアナロジーのトレーニング
新聞と百科事典の共通点は?/コピー機とエレベーターの共通点は?/タクシーと土産物屋の共通点は?/リモコンとデジカメの共通点は?/「常識を打破する」ためのアナロジー/異業界をアナロジーで結びつける/「オンデマンドマッチング」の次の可能性は?/「一品予約化」の次の可能性は?/「小分け化」の次の可能性は?/リアルタイムの価格設定/リープフロッグ型発展のアナロジー/リアルタイムの稼働率/レーティングとリコメンデーション

メタ思考を鍛えるために
―――――――――

 

さいごに

メタ思考を身につけている人とそうでない人とでは、見える世界が異なります。

そんなメタ思考、今の私が実感している身につけるメリットは、相手との認識の齟齬を減らし、たとえば職場や商談先でのより円滑なコミュニケーションを可能にするといった点です。

社会人になり、様々な立場の方とお話しする機会が急に増え、時に相手の仰ることを理解することができずに内心困るというシーンが多々あります。今は、その方々はより高い視座から世界を捉えていて、一方の私は目の前に広がる理解できる事象しか把握できていないことが原因なのだと理解しています。しかし、少しずつメタ思考を身につけることで、自分にとっての既知のもののアナロジー的転換により一見無関係なもの同士の共通点を探ることができるようになってきています。結果的に、以前に比べれば、分からないなりに適切な質問をすることができるようになってきたなと感じています。とはいえ、私自身まだまだ修行の身。抽象的思考・具体的思考、そして論理的思考を自在に操れるようになるべく日々精進です。

↓ 第一弾、第二弾も、是非下記リンクよりご一読下さい。


[v126]

執筆:コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
廣田
https://partners.consul.global

コンサルスキル 書籍紹介

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

  • フリーコンサル向け案件紹介

  • コンサル特化の転職支援

NEWS新着ニュース

MORE

RANKING人気記事ランキング

一覧

  1. よく聞くコンサル用語あれこれ|「アベる」 「KT」 「カットオーバー(c/o)」...

  2. 「コンサル カオスマップ 2019」を公開|コンサルファームの業界地図...

  3. 「コンサル カオスマップ 2020」を公開|コンサルファームの業界地図...

  4. 不景気・不況に弱いコンサル業界で生きる(1) 不況がコンサル業界に与える影響とは...

MORE

NEWS新着ニュース

一覧

ABOUTサイト概要

「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。
ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。

BACK TO TOP

BACK TO TOP