コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

2021-05-24
読了まで 1

クライアントや上司の寝ない習慣を暗黙的に押し付けられるコンサルの苦難|コンサル職業病シリーズ

クライアントや上司が寝ずに仕事をし、それに付き合っていたら、自分も寝てない(眠いんですが)

コンサルのプロジェクトで、アサイン時にこんな思いないですか?(最近は減ってきているような気がしますが、マネージャとか働き盛りは今もそうかと)。

いったい、Youはいつ寝るの?

筆者の経験ではこんなことがありました。いや、ありましたというより日常でした。

■上司編
深夜1時半頃、翌日のミーティング資料が出来上がり、それを上司にメールで送信、「さーて、シャワーでも入って寝ますかね」と思ってPCを閉じたら、上司から電話が・・・「ここら辺のあたり良くわからないので、直しておいて」となり、修正して送ると、「あーやっぱこうしたほうが良いなー、こうしといて」となり、修正。そしてまた指摘→修正→送る→指摘→修正→…終わらないスパイラル。そして、明け方結果的に出来上がったのは初案に近しい。

■クライアント編
終電ぎりぎりクライアントにメール。クライアントは経営企画やクライアント内でも出世コースイケイケな方。
よせばいいのに、メールを改めてチェックすると、今メールしたばかりのクライアントから返信が。「このデータはとても興味深いので、色々話を聞きたい、場合によっては上にも見せたいので、明日その打ち合わせをしたいのですが」とのこと。

「承知しました、どんな感じにまとめておけば良いか、明日教えて下さい。」と返事をすると、これまた数分後に「こんな感じで」とポンチ絵とエクセルフォーマットが送られてきました。既にこの時点で終電は無いです。そんなやり取りを何回かした後、ひょっとして電話で話した方が早いですかね?とななり、1時過ぎからまさかの電話会議です。

この方とは、プロジェクトが終わるまでの約1年間、月数回はこの様なことが続きました。
この方は、クライアントの中では、朝も早朝出勤することで有名な方でしたが、一体いつ寝ていたのでしょうか。今でも謎です。

働き方改革を推進する国やどこかの機関に怒られそうですが、とことん仕事をする姿勢をもつコンサルからすると、決してそれに付き合うのがコンサルバリューではないのは分かっていつつも、クライアントが寝ずに仕事をするのであれば応えてしまうわけです。

寝ないこと、休まないことが良いわけではありませんが

上記の話は、コンサル・プロフェッショナリズムとでも言ってしまえば良いのかもしれませんが、ただのマゾかワーカホリックじゃないの?と自分なりにも思ったりもするわけで・・・。

そんなワーカホリックな人間は、折角のバケーションでも仕事のことを常に考え、手を動かしてしまいます
そちらは、こちらの回で。
一流コンサルのバケーション:旅先でも仕事をして呆れられる編

[v038]

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

その他のおすすめサービス

コンサル案件をお探しのフリーランス向け
Consul Partners
コンサルパートナーズ
・13年以上にわたるコンサルティング実績で案件をご紹介
・プライム・サブコン、多数の案件を保持
・単発のお付き合いではなく、中期的な繋がりを重視
転職をお考えのコンサル経験者・未経験者向け
Consul Partners
コンサルキャリア
・コンサルからのハイクラス転職支援
・コンサル未経験から、コンサル業界への最善の転職を支援
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

  • その他おすすめサービス

BACK TO TOP

BACK TO TOP