コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

  • MAIL
  • RSS
2019.02.01

PMOって何?|色々と存在するPMOの役割

プロジェクトによって求められるPMOのタイプは異なる

プロジェクトに不慣れなユーザさんからこっそり「PMOってなんなの?」と質問頂くことがあります。教科書的なことを言えば、PMOとは“プロジェクトマネジメントオフィス”の略称であり、プロジェクトを円滑に進めるための組織となりますが、ユーザさんからすればどんな期待をかければいいかわからなかったり、どんな仕事を普段しているのか見えなかったりしているのかなと感じています。本記事では、PMOのイメージを抱いてもらうのと同時に、コンサル業界にいる筆者が最近感じているPMOについてざっくばらんに書いていこうと思います。

実は色々あるPMOのタイプ

独断でPMOのアクティビティやアウトプットレベル毎に命名し、それぞれの特徴を記述してみました。身の回りにPMOがいる場合はどれに該当するか意識してみてください。

1.事務局タイプ
・会議開催準備や議事録作成、発生した課題や進捗の確認が主な活動。
・ルーティーンワークが圧倒的に多く、難易度は低め。
2.支援タイプ
・ステコミに向けた資料作成や各工程の計画書作成、ベンダの進捗・品質・リスク管理といったPM業務を支援。
・進捗・品質・リスク管理はプロジェクトが定めたルールに従い、形式的に運用。
・要件定義や基本設計工程に多い印象で、経験値のあるPMOメンバだと資料の流用など効率化を図れるので難易度は中程度。
3.課題解決タイプ
・プロジェクト上の課題が起きた場合、整理や会議の場でのエスカレーションだけでなく、ユーザやベンダの中に入って解決の方針を策定し、課題が解決するまでトレースする。
・2の支援タイプの上級版。
4. リスク検知タイプ
・プロジェクトで課題が起きる前に処置しておき、リスクを可能な限り顕在化させないよう動く。
・3の課題解決タイプのスゴ腕版。

PMOの必要性はプロジェクトによって異なる

1~4にPMOのタイプを書いてみましたが、プロジェクトの性質によって必要とするPMOは異なってくる言えます。
例えば、プロジェクトマネージャが優秀で、プロジェクトに時間を割くことが出来る場合は1の事務局タイプで十分ですし、基幹システムの大規模リプレイスで失敗したら“ヤバイ!”場合は、4のリスク検知タイプのPMOを設置すべきです。また、1~4の全てのPMOをバランスよく揃えるというのもありです。
PMを含めたプロジェクトメンバや開発ベンダのスキル、予算、プロジェクトの重要性から判断するといいでしょう。

PMOメンバってどこにいるの?

業界の中にいて思うのは、優秀だと言われるPMOメンバでも3の課題解決タイプが多いことです。一見頼れるなぁと思うこのタイプの致命的なところは、課題が発生してから本領発揮するところです。しかしながら本来は、課題を発生させずリスクを検知し処置できる4のリスク検知タイプが理想です。課題が発生するたびにユーザをハラハラドキドキさせるのはコンサルとしてイケてないと思うのが筆者のポリシーです。

ちなみに、手前味噌で恐縮ですが、そんな優秀なPMO人材を集めたのがコチラです。
●企業様向け人材紹介サービス
<PMO案件.jp for Biz>

最後に、発注者・受注者問わず皆さんのプロジェクトが無事成功することを祈念致します。

[v057]

コンサル業界 プロジェクト

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

  • コンサル特化の転職支援
    サービス

  • フリーコンサル向け案件紹介
    サービス

NEWS新着ニュース

MORE

RANKING人気記事ランキング

一覧

  1. 「コンサルファーム 業界地図・カオスマップ2019」を公開...

  2. よく聞くコンサル用語あれこれ|「アベる」「KT」の意味とは?...

  3. Big4+α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018...

  4. コンサルグッズあれこれ|コンサル人材あるある...

MORE

NEWS新着ニュース

一覧

ABOUTサイト概要

「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。
ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。

BACK TO TOP

BACK TO TOP