コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

  • MAIL
  • RSS
2017.12.14

コンサルファームの略称、当たり前の様に使ってません?

アクセンチュア(Accenture)はAC、プライスウォーターはP等々

コンサル業界は略語がよく使われます。コンサル会社の社名も同様です。コンサル会社の社名はカタカナでかつ長いものが多いためですが、どのように略されるかを調べてみました。

有名どころでは

アクセンチュア(Accenture)はAC、PwCはP、アビームコンサルティング(ABeam)はABと略され、それが業界内で通じます。他にも、マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey&Company)はマッキン、コダワリ・ビジネス・コンサルティングはコダワリ(笑)など。

意外と通じない

逆に、大手コンサル会社でもオフィシャルな略称は思いのほか通じず、異なる略称が一般的な場合があります。
デロイトトーマツコンサルティング(Deloitte Tohmatsu Consulting)はDTCではなくデロイトと略されますし、ボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group)はBCG(予防注射じゃないです)ではなくボスコンの方が通じます。いすれも各社が示す正式略称のほうがあまり使われていません。

使われる理由

略称を使う理由は「言いやすいから」だと考えます。すると、正式略称であっても「DTC(ディーティーシー)」や「BCG(ビーシージー)」のように長音が連続すると、とても発音しづらいので、この略称は使われないのだと考えられます。

社名以外の略称も同じなのかが気になるところです。業界用語がどのように使われているかを見ていきます(乞うご期待?!)。

[v008]

  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

  • コンサル特化の転職支援
    サービス

  • フリーコンサル向け案件紹介
    サービス

NEWS新着ニュース

MORE

RANKING人気記事ランキング

一覧

  1. 「コンサルファーム 業界地図・カオスマップ2019」を公開...

  2. よく聞くコンサル用語あれこれ|「アベる」「KT」の意味とは?...

  3. Big4+α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018...

  4. コンサルグッズあれこれ|コンサル人材あるある...

MORE

NEWS新着ニュース

一覧

ABOUTサイト概要

「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。
ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。

BACK TO TOP

BACK TO TOP