コンサルファームやコンサル業界の情報サイト | コンサルのあんなこと、こんなこと

view 2327

読了まで 2

グローバルのコンサルファームの社員数をまとめてみた(Big4・アクセンチュア+α) [2023年度版]

グローバルのコンサルファームの社員数をまとめてみた(Big4・アクセンチュア+α) [2023年度版]

[2022年度版]と比較し約6%強の増加(8社全体)、拡大幅は鈍化

全世界に拠点を持つ主要なコンサルティング企業(Big4やアクセンチュアを始めとする大手コンサルファーム)8社の社員数をまとめてみました。

日本国内版:Big4・アクセンチュア+α コンサルファーム社員数

日本国内においては、2022年から2023年にかけて全体で約15%の社員数増となっており、かつ社員数減となるファームもなく、引き続き拡大傾向であることがわかりました。さらに、2024年にかけても人員拡大の傾向は続きそうな見込みとなっておりました。

日系主要ファームの具体的な数値につきましては、2023年9月にご紹介しております。そちらの記事を参照ください。
総合系コンサルファームの国内社員数をまとめてみた(Big4・アクセンチュアなど)[2023年度版]

それでは、同時期のグローバルの社員数にはどのような傾向があったのでしょうか。みていきましょう。

(本題)グローバル版:Big4・アクセンチュア+α コンサルファーム社員数

Big4やアクセンチュアなど、主要なグローバルファーム8社について調査しております。

各ファームの公開情報(コーポレートサイト)から以下の様な結果となりました。各社の数値を出しているタイミングが揃っているわけではありませんので、その点についてはご容赦下さい。

また、Big4については、コンサルティングサービスだけでなく、監査やTAXなども含まれた全体での数字となっており、IBMやTCS(タタ・コンサルタンシー・サービシズ)なども、全体としての数字となっております。

主要グローバルコンサルファーム8社の社員数グラフ2023

・Deloitte(デロイト)457,000人
・Ernst & Young (アーンスト・アンド・ヤング)395,442人
・PwC (プライスウォーターハウスクーパース)327,947人
・KPMG 265,000人
・Accenture(アクセンチュア) 733,000人
・Tata Consultancy Services(タタ・コンサルタンシー・サービシズ)615,000人
・IBM 288,300人
・Capgemini(キャップジェミニ)360,000 人
・(おまけ) Codawari Business Consulting 28人

*いずれも順不同、略称

社員数増加率と考察

2022年と2023年を比較し、各社の増加率を算出してみると以下の様な結果となります。

・KPMG  +12.3%
・PwC  +11.0%
・Deloitte  +10.9%
・Capgemini  +10.9%
・EY  +8.2%
・TCS  +3.9%
・IBM  +2.2%
・Accenture  +1.7%

*増加率の高い順、略称

Big4とキャップジェミニは概ね10%前後の増加率となっている一方で、これまで急激な拡大を見せていただアクセンチュアが1.7%増に留まっています。8社全体では6.6%増にとどまる形になり、グローバル全体での業界成長率は鈍化してきているようです。

日本国内の主要ファームが全体で15%増でしたので、日本もグローバルにいずれは追随するように、社員数増(≒業界拡大率)も落ち着いてくるのでしょうか。

各社のAnnual Reportなどを読んでいると、2020年頃までは各社とも「この1年で**人を採用し、全体としてworkforceが**万人となりました!」と競うようにアピールをしていましたが、FY2022あたりの発表から社員数については触れるのみで、ダイバシティや社員への投資、ウェルビーイングへの取り組みに関するアピールが目立つようになりました。業界の伸びが鈍化したのではなく、ESGの観点からもただ社員数を増やして売上を伸ばしていく方針からの転換が原因かもしれません。

執筆者

K.M.
K.M.コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 コンサルティングカンパニー
平日はコンサル、土日はアメフト選手として活動中。一流なコンサル・アメフト選手になれるよう日々奮闘中。最近の悩みは、パンプアップし過ぎてスーツが着れなくなってきていること。
  • RSS
  • 著書紹介

  • 図解即戦力 コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書
  • Twitterはじめました
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

著書紹介

図解即戦力 コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書
Twitterはじめました

おすすめサービス

あなたはどっち派?自分に合う働き方を相談したい

執筆者

K.M.
K.M.コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 コンサルティングカンパニー
平日はコンサル、土日はアメフト選手として活動中。一流なコンサル・アメフト選手になれるよう日々奮闘中。最近の悩みは、パンプアップし過ぎてスーツが着れなくなってきていること。

PICKUP注目記事

  • 送る
  • URLコピー
  • メールマガジン登録

    いち早く最新の記事やニュースをお届け致します。登録は完全無料となります。


     

RANKING人気記事ランキング

一覧

NEWS新着ニュース

一覧

PICKUP注目記事

  • おすすめサービス

  • あなたはどっち派?自分に合う働き方を相談したい

BACK TO TOP

BACK TO TOP